プロフィール


Teruaki Enomoto 榎本てるあき
Tenore di Grazia テノール
 

華やかで輝かしい声と優美さを兼ね備えたテノーレ・ディ・グラツィア 

大阪音楽大学音楽学部最優秀賞を授与され首席卒業。

在学中は選抜による特別研究クラスにて学ぶ。

受賞記念演奏会『ザ・ローレル・コンサート』をいずみホールにて行う。

08年からローマ・ミラノに留学。マルツィアーリ音楽院プロフェッショナルコースを2010年修了。

イタリア各地で演奏会に出演。

高校2年時に第52回全日本(毎日)学生音楽コンクール 高校の部 西日本第1位、

大学3年時に第56回同コンクール大学・一般の部 西日本第1位(最年少)。 
15回兵庫県高等学校独唱独奏コンクール 銀賞を機に専門的な声楽を師事。

16回同コンクール第2位優秀賞・サンテレビ賞、

17回同コンクール第1位最優秀賞・神戸新聞社賞・審査員特別賞受賞。

兵庫県代表として第53回瀧廉太郎記念音楽祭

『第8回全日本高等学校声楽コンクール』第3位・瀧廉太郎賞・立川清登賞・竹田市長賞受賞。

2012年7月には第20回太陽カンツォーネコンコルソ 優勝.

その他数多くの受賞歴。 

オペラでは『魔笛』タミーノ、『こうもり』アイゼンシュタインなどに主演。 
2006
年4月リーガロイヤルホテル主催において初リサイタルを行い好評を博する。

また2010年にはミラノ、2011年姫路、大阪にてソロリサイタルを行う。

 2009年7月世界的クラリネット奏者ミケーレ・インチェンツォ氏と共演。

調律師協會関西新人演奏會、大阪オペラ協会コンサートなど多数の演奏会に出演。

近年に於いては2011年姫路市・姫路市文化国際交流財団主催 姫路ミュージック・ストリート、

 2012年姫路市女性コミュニティー活動大津校区婦人会主催 榎本てるあきリサイタル、

兵庫県立美術館主催 榎本てるあきレクチャーコンサート、2013年小野市・うるおい交流館

エクラ主催ティータイムコンサート榎本てるあきテノールコンサートなどがある。 
関ジャニ∞ドラマシリーズ『ダブル複体』に出演、挿入歌を収録。 

NHKFM名曲リサイタル『ニューエイジ・クラシック』に出演。

第九テノール・ソリストなどオーケストラと共演。

これまでに山村純平、小餅谷哲男、布埜秀昉、葉玉葉子、カルロ・トゥアンドゥ、

ヴィットーリオ・テッラノーヴァ、ネルソン・カルツィ各氏に師事。

津山市文化振興財団専属『ヴォーカルアンサンブル津山』正団員

株式会社アートインターナショナルオフィス 代表取締役

イタリア声楽協会 理事

 

 

TERUAKI‐ENOMOTO‐TENORE/OfficialSite.

What's New

榎本てるあきオフィシャルサイトに

掲載されているすべてのコンテンツ

(すべての記事、画像、音声データ、

映像データ等)の無断転載を禁じます。